バンコク発航空券、パッケージツアー、ホテル、サービスアパート、ゴルフ、空港送迎。旅行会社 シンダイ

航空券 タイ国内ツアー 海外ツアー タイ国内ホテル タイ国内サービスアパート ゴルフ 各種クーポン&送迎

HOMECoffee Breakアジアの風だより第52話

アジアの風だより 第52話

スコータイ遺跡公園

タイ中部の街、スコータイ新市街から西に約14キロ行ったところにスコータイ遺跡公園があります。ユネスコの世界遺産にも登録されている、世界を代表する遺跡を中心にした総面積約70平方キロメートルという大公園です。

この遺跡を残したスコータイ王朝は、13世紀に興ったタイ族最初の王朝と考えられています。もともとアンコール・ワットを中心に栄えたアンコール王朝の支配下にありましたが、同王朝の没落とともに独立して誕生しました。
勢力は強く、王朝はタイの中部を広範囲に支配しました。のちに、さらに南にアユタヤー王朝が興るまで、スコータイはアジアを代表する大都市として栄えたのです。

この遺跡公園は、当時のスコータイの中心都市がそのまま残された、非常に価値の高い史跡です。王朝の崩壊後は数百年間放置され、ジャングルの木々に埋もれていましたが、タイ芸術局とユネスコが協力し、できる限りの復元作業を行いました。その結果、当時の栄華をいまに伝える寺院群がよみがえったのです。

中心になるのは、スコータイ王朝の王室寺院であったワット・マハータート。現代で言えばワット・プラケオに相当する規模と格式を持った寺院です。
木製の屋根や装飾は朽ち、いまでは完全な遺跡と化していますが、巨大な仏像と仏塔を見れば、当時の威容が思い浮かぶはず。左右はもちろん、池や堀の反射を利用して生まれる正確な天地のシンメトリーも見ものです。

仏教都市ですが、アンコール王朝の文化を受け、同王朝の特徴であるクメール様式(ヒンドゥー様式)の建築物が多いことも見逃せません。ワット・シー・サワイやター・パー・デーンには、その影響が色濃く出ています。

遺跡公園は広大で、見学には丸一日を要するでしょう。朝昼そして夕方と、陽の傾きによって美しさも変わるため、充分に余裕を持った計画を立て、じっくり堪能してください。

スコータイ遺跡公園 イメージ1 スコータイ遺跡公園 イメージ2
スコータイ遺跡公園 イメージ3 スコータイ遺跡公園 イメージ4

●国名:タイランド
●県名:スコータイ
- 行き方 -
バンコクの北バスターミナルから約1時間おきにバスが出ている。所用約7時間。空路は、スワンナプーム国際空港とスコータイ空港がバンコク・エアウェイズによって結ばれている。
*スコータイ空港往復の航空券又はツアーこちら