バンコク発航空券、パッケージツアー、ホテル、サービスアパート、ゴルフ、空港送迎。旅行会社 シンダイ

航空券 タイ国内ツアー 海外ツアー タイ国内ホテル タイ国内サービスアパート ゴルフ 各種クーポン&送迎

HOMECoffee Breakアジアの風だより第93話

アジアの風だより 第93話

夏の旅行に向けて

いよいよ7月です。夏の海外旅行の準備に入る時期になりました。日本は夏。東南アジアは常夏。タイ、ベトナム、カンボジアと、どこの国に行くにしても、さしたる準備は不用でしょう。服装も日本と同じでとりあえずはOK。都会を歩いて恥ずかしくなければ、アジアの国々でも問題ありません。地球全体の温暖化で最近は日本の夏も年を追うごとに暑くなっていますから、熱帯の暑さは気にならないかもしれません。

それより気になるのがお天気ですが、いまのこの時期、東南アジアの国々は雨季のさなかで、日中は激しいスコールに見舞われることもあります。そのおかげで、雨上がりの早朝や夕方は日本より涼しく感じることもあるでしょう。ただし旅行は体力を使います。パッケージ旅行はとくに日程が厳しく、早朝から夜までハードに体を動かす必要があります。移動の疲れも重なって、通常以上に暑さが体にこたえますから、熱対策はしっかり考えておきたいものです。

出発前には薬局に行き、日射病や熱射病の予防グッズを忘れずにチェックしてください。気化熱を利用して体温を下げる製品の充実度は日本がいちばんです。冷える帽子やスカーフ、冷感ジェルなどは、現地ではなかなか手に入りません。入手できないといえば、虫除けや虫さされの薬なども現地にはいいものがありません。これらも日本から持っていけば非常に役に立つはずです。

雨季ですから雨対策も必要です。梅雨や台風の季節に使う傘や雨合羽も忘れずに持っていきましょう。雨は降ったりやんだりしますし、スコールのように短時間に一気に降ることもあるし、一日中じとじと降り続くこともあります。どの日に当たるかはわかりませんが、用意だけはしておきましょう。

あとは体力です。暑さも、強行日程も、雨の中の観光も、体力があればなんとかなります。日ごろから体を動かし、環境の変化に負けない体作りをして、楽しい体験へと旅立ってください。

夏の旅行に向けて イメージ1 夏の旅行に向けて イメージ2
夏の旅行に向けて イメージ3 夏の旅行に向けて イメージ4